メインイメージ画像

賃貸事務所を探しているなら

賃貸事務所を探しているなら、賃料はもちろんのこと、仲介手数料が安い所で契約しましょう。賃貸物件における仲介手数料とは、賃貸契約が締結された場合において不動産業者に支払う仲介料のことを言い、税込み賃料の1月分の額以内と上限が決められています。最近はこの仲介手数料を減額している不動産屋が少なくありません。さらに、ビルオーナーと賃料値下げの交渉をして家賃が下がった場合のみ、値下げの額を仲介手数料に代えて受け取るという不動産業者も出てきていますので、賢い物件選びをしてみましょう。事務所の良い所は、内装を自由自在に変更が可能という点ですね。

工事コストはかかるものの、企業イメージや御社のスタイルに最適な内装レイアウトを変えることができるわけです。費用節減したい場合、居抜き事務所でそのまま使えそうな内装の事務所が見つかれば、内装を工事せずに事務所として使えます。このケースだと費用の高い工事が省略されるため、大変なコスト削減が実現します。それ以外にも、月額費用は割高ですが、スポットでの利用のみならレンタルスペースでしのぐというやり方も手軽でおすすめです。事務所に入居する時の初期費用にはどのようなものがあるでしょう。

イメージ画像

礼金や敷金、管理費や仲介料などの費用は住居用賃貸物件と変わりません。事務所ならではの費用には同じビルの他の店子や建物の所有者に損害を与えた場合に保障する保険や賃料滞納に備える賃貸保証の費用が挙げられます。また、社名のプレートなど、エクステリアを変える必要がある場合にはその工事費も掛かりますね。物件の大家によっては工事請負先が特定の業者に限定されているので注意しましょう。事務所で利用するオフィス家具をお探しですか。

事務所を移転する引越し費用はできる限り少なく済ませたいものです。賃貸事務所にはオフィス家具付きの物件もありますし、リースを使うやり方、さらに、リサイクルや卸価格のオフィス家具を買うアイデアもあります。このやり方にすれば、引越し後運営していく中で人の動きや事業拡大に合わせて設置場所を変えてもお金の面で費用が少なくて収まるのです。特にリース備品は不要な家具の売却等の手間が掛からず、かなり便利です。

更新情報